スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ママアナお話し隊

2011.05.18 18:42|日々のこと
ここ最近、お姉ちゃんを見送った後は、自宅に入らず自転車に乗って実家に行き、ばぁばと犬(黒ラブ♂)の散歩に行くのがだいくんの日課。
母もガラガラと自転車の補助輪の音が聞こえてくるので、顔を出して「おはよう。もう来た~?」と迎えてくれます。

moblog_89b24e71.jpg

小一時間は戻ってこないので、今朝は花壇で六つ葉探し。
結局五つ葉6本しか見つからず…。
これも押し花にしてストックしときます。


今日は私が興味があって楽しみにしてた、おもちゃ広場のお話し会に行ってきました。
人気があって混んでるかな~?と思ったのですが、10組足らずで皆だいくんより小さいお子さんで1人連れで、私だけ2人連れてました。

moblog_2118e1de.jpg moblog_f5359933.jpg moblog_caaf31cf.jpg

始まるまでの時間は、ボールプールで楽しむ2人。

そして見たことのある花房果子さんと、貞岡(旧姓・尾崎)美樹さんが遊び唄や絵本、紙芝居を見せてくださいました。

moblog_efbc46c1.jpg

子供を膝に乗せて体を動かす歌をやる際、貞岡さんがたっき~を抱っこしてやってくれました!
泣きはしないけど、「誰?何事?!」みたいな複雑な表情のたっき~でした。

moblog_9b9ce0c9.jpg moblog_c22575bb.jpg

この時読んでくださった絵本(タイトルは忘れました)が、子どもを抱きしめてあげようみたいな内容のものだったのですが、ふいに貞岡さんに感想を聞かれ、「下の子にかかりっきりで、この子(だいくん)を抱きしめてあげる事は少ないのが現状なので、もっと抱きしめたりかまったりしてあげなくては…と感じました。」と答えました。
絵本セラピストとしても活動されてる貞岡さんによると、これは1歳位になって親から離れて何か新しい事をするこどもに対して、抱きしめてあげることで困ったり不安になった際はここ(母親)が避難場所・安全地帯なんだよと教えてあげるという、深~い意味を教えていただきました。
私の考え方が、親から目線だけで考えが浅かったという事を思い知らされ、ハッとしました。
毎日家事育児の忙しさに追われて、上の子2人に「抱っこ~」と言われても「はいは~い」「後でね」と言いながらやってあげていないのが現状です。
自分の事だけしか考えれていないのを気付かされたので、これからはきちんと話しを聞いて抱きしめてあげたいと思います。


お迎えに行くと、ニコニコ顔でバスを降りてきたは~ちゃん。
今日は園庭で泥んこ遊びをしたらしく、ドロだらけのスモックとパンツを持ち帰ってきました。
私もお人形遊びとかより、泥団子を作ったり基地を作ったり自転車を乗り回したりと、男の子のように外で遊ぶのが好きでした。
娘も広い園庭を存分に満喫しているようです。
以前の幼稚園のように給食のお代わりがないので足りないらしく、おやつがおにぎりなんてこともあります。
園の方から「残すとか無理して食べなくても良い量で」と言われてたので押さえ気味でしたが、もう少しお弁当のボリュームをアップしようかな?



↓ぽちっとお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

mie

Author:mie
高知県在住。
3人の子どもと毎日楽しく格闘しています。
いとことのソーイングユニット『emi*na』として、こそっと活動中。

最新記事

訪問ありがとう(H23.10.6~)

最新コメント

リンク

カテゴリ

QRコード

QR

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。