スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文旦配達人

2011.03.02 23:10|未分類(旧ブログの記事)
一雨毎に春らしい暖かい日差しに恵まれ、新しい事を始めたくなる前向きな心境になります
その反面、鼻がムズムズしますが…

昨日は、ブログフレンドのちっちゃママさんとお会いしました
以前いただいた文旦がめちゃくちゃ美味しくて、昨年は購入させていただきました。
その味を楽しみに今年もお願いしてたのですが、今年は裏年らしくて購入することが出来ませんでした
諦めてたところへ、『見ためがイマイチで出荷できない分ならお分けします』と嬉しいコメントが
急いで連絡を取り、待ち合わせのイオンへ受け取りに行きました



数個のつもりでいたら、どど〜んと大きな袋にたくさん入っててビックリ
見ためが…という事でしたが、全然気にならないくらいキレイな大玉の文旦でした。

家族で美味しくいただきたいと思います
お心遣いいただき、ありがとうございました。
来年は、今年の分と合わせて購入させていただきたいと思います



気分良く下階に降り、手芸屋さんや子ども服売り場などを散策
たっき〜が爆睡したので、本屋さんもウロウロ。



何気なく見てたハードカバーの本の中で、懐かしい名前を久しぶりに目にしました。
元監察医で、『死体は語る』の著者の上野先生の本です。
数年前に荷物を減らすべく処分してしまいましたが、先生の本は何冊も持っていました

初めの出会いは、大学受験の為の問題集などを金光堂で探してた時でした。
タイトルに惹かれて読んで、法医学にすっかりハマってしまい、一時は医学部に行きたいと真剣に考えてました
諦めて第一志望だった大学に入ったのですが、忘れかけた頃に法医学の授業があり、またまた大学に残ろうと考えました。
しかし、卒業したら帰高しなくてはならない状況(というより、両親の強〜い願望)により諦めました
テレビやこういった本で先生の名前を見たら、あの頃の気持ちを懐かしく思い出します
(やっぱり、法医学者になりたかったな〜)と思う反面、(そうしていたら主人や3人の子ども達には出会えなかったのだから、これで良かったんだ)と、結果オーライな自分の人生を嬉しく思っています

ちっちゃママさんにいただいた文旦を食べながら、ゆっくり読もうと思います





↓ぽちっとお願いします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

mie

Author:mie
高知県在住。
3人の子どもと毎日楽しく格闘しています。
いとことのソーイングユニット『emi*na』として、こそっと活動中。

最新記事

訪問ありがとう(H23.10.6~)

最新コメント

リンク

カテゴリ

QRコード

QR

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。